3次元内部構造顕微鏡による解析業界初

トップページ >  加工技術 >  3次元内部構造顕微鏡解析 >  測定方法概要

測定方法概要

断面画像データ取得からデータ処理までの流れ
ワークを切削加工し、観察系にて加工断面の画像を保存します。”切削加工 → 加工断面の画像を保存 → 切削加工” を目的の深さまで繰り返し行い、断面画像を蓄積します。
専用アプリケーションへ各断面画像を読み込み、関心領域の抽出を行います。抽出結果を3次元データ形式で出力します。
3次元データを専用アプリケーションにて、3次元表現および解析をします。

加工方法ムービー


加工方法:フライカット(一枚刃 回転切削)

観察材質

 高分解能観察: 非鉄金属(無酸素銅、アルミダイカスト(ADC12)等)
 低分解能観察: 鉄系金属(S45C、SKD11等)
    その他の材料についてはお問い合わせください。

ページトップへ

design by. (C) WebDaisuki.com