3次元内部構造顕微鏡による解析業界初

トップページ >  加工技術 >  3次元内部構造顕微鏡解析 >  データ取得

断面画像データ取得

加工断面を撮像し、画像ファイルとして保存します。

 ADC12断面画像 Cut1
Cut2
Cut
Cut3 Cut4

分割撮像機能例

指定した観察範囲を分割撮像し、1枚の連結画像で保存します。高視野・高分解能のデータが取得できます。

基本性能

観察範囲 3.38mm×2.54mm 分解能2μm (レンズ倍率により変わります。)
深さ方向最小5μm、最大20μm 縦・横方向最大40mm
 *参考値です。素材、観察目的により変わります。
 *上記の値は一例です。上記以外の観察も可能ですのでお問い合わせください。

断面画像データ保存形式

- Bitmap (8/24/32bit)
- TIFF (8/24bit 非圧縮のみ)

ページトップへ

design by. (C) WebDaisuki.com