3次元内部構造顕微鏡による解析業界初

トップページ  > 加工技術  > 3次元内部構造顕微鏡解析  > 3次元化処理

3次元化処理

断面画像データを専用アプリケーションへ読み込み、関心領域の抽出、解析、表示および3次元表示を行い、出力をします。

a.内部構造の3次元化

内部の欠陥や介在物を3次元で確認することが可能です。


b.関心領域の選択

関心のある特定の領域の抽出ができ、色付け編集で、色付けされた断面画像を出力することも可能です。(二値化レベルの選択も出来ます。)

読み込み対応画像形式

- Bitmap (8/24/32bit)
- TIFF (8/24bit 非圧縮のみ)

データ出力

- Bitmap (8bit色付け断面画像)
- STLフォーマット形式
- MGFフォーマット形式

ページトップへ

design by. (C) WebDaisuki.com